プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

範囲 – 本プライバシーポリシーは、TransPerfectが受領した、あらゆる形式の個人データに包括的に適用されます。TransPerfectは、弊社の世界各地の事業所で取り扱うすべてのデータを本プライバシーポリシーに従い処理しています。しかしながら、弊社が個人データを処理する詳細な方法は、あなたがどなたであるか、また弊社とあなたとの関係が何かによって異なります。したがって、あなたの個人データに対する弊社のプライバシー慣行に関するより詳細な情報については、データ主体の種類を以下から1つ選択し、その関連するプライバシーポリシーをご確認ください。

  • TransPerfectのいずれかのテクノロジープラットフォームのユーザーを含むクライアントは、こちらをクリックしてください
  • ベンダーは、こちらをクリックしてください。
  • 従業員は、こちらをクリックしてください。
  • 採用応募者は、こちらをクリックしてください。

会社情報

TransPerfect Global, Inc.、その関連会社および子会社(以下、総称して「TransPerfect」)は、あなたの個人データの「データ管理者」である場合があります。すなわち、TransPerfectはあなたの個人データを管理しており、さまざまな目的でこれを利用する可能性があります。この目的には、弊社が提携する「データ処理者」にあなたの情報を送信することを含みます。あるいは、あなたがどなたであるか、また弊社とあなたとの関係が何かによっては、TransPerfectは、あなたの個人データの「データ処理者」または「副処理者」である場合があります。

個人データとは

個人データは、そのデータから特定されうる生存する個人に関連した情報です。個人は、その情報単独から特定されることも、またはデータ管理者の保有する、あるいは保有する可能性のあるその他の情報と組み合わせて特定されることもあります。ヨーロッパの市民または居住者の個人データ(「EU個人データ」)の処理は、EU一般データ保護規則(以下、「GDPR」)の対象となります。

個人データの処理方法

TransPerfectは、GDPRに基づくその義務を次の方法で順守しています:個人データを最新に保つ、個人データを安全に保存および破棄する、過剰量のデータを収集または保持しない、個人データを紛失、不正利用、不正アクセスおよび漏えいから保護する、個人データを保護するための適切な技術的措置を講じる。

あなたがTransPerfectに提供する(または以前に提供した)個人データは、米国に所在するTransPerfectのデータセンターに保存される場合があります。弊社が個人データを処理する目的および場所についての詳細は、「範囲」の下の該当するリンクにアクセスしてご確認ください。

個人データを収集する理由

弊社が個人データを処理する目的についての詳細は、「範囲」の下の該当するリンクにアクセスしてご確認ください。

個人データ処理の法的根拠 

弊社が個人データを処理する法的根拠についての詳細は、「範囲」の下の該当するリンクにアクセスしてご確認ください。

追加的処理

弊社が現行のプライバシーポリシーの対象とされていない新たな目的にあなたの個人データを使用することを希望する場合、弊社は、処理を始める前にこの新たな使用についてあなたに説明し、関連する目的および処理の条件を記載した新たな通知をお送りします。必要に応じて、弊社は、新たな処理についてあなたの事前の同意を求めます。

個人データの共有

弊社があなたの個人データを共有する第三者についての詳細は、「範囲」の下の該当するリンクにアクセスしてご確認ください。

弊社における個人データの保持期間

弊社は、業務上の関係が継続する合理的に必要な期間内にのみ、記録保管の目的で、および法的請求または苦情に備えて、あなたの個人データを保持します。

二次移転およびデータの海外への移転

TransPerfectは、総合的かつグローバルなプライバシーに関するコンプライアンスの取り組みの一環として、欧州連合(EU)から米国への個人を特定可能なデータの転送に関して、EU一般データ保護規則(GDPR)に定められた要件の順守を含め、EU標準契約条項(処理者)およびプライバシーシールドを順守することとしています。

TransPerfectはEU-U.S.の要件を順守しています。TransPerfectは、欧州連合(EU)およびスイスからそれぞれ米国に移転された個人情報の収集、利用、保持に関して米国商務省の定めるEU・米国間のプライバシーシールドの枠組みおよびスイス・米国間のプライバシーシールドの枠組みを順守します。TransPerfectは米国商務省から、プライバシーシールド原則に関する認証を取得しています。このプライバシーポリシーの条項がプライバシーシールド原則と矛盾する場合、プライバシーシールド原則に従うものとします。プライバシーシールドプログラムに関する詳細と、弊社の認証については、https://www.privacyshield.gov/をご参照ください。

個人データの「処理」という言葉には、収集、保存、検索、照会、利用、開示、配布、その他の方法で個人データを利用可能にすることなど、個人データに対して実施される一切の作業(複数の一連の作業も含む)を含みます。

本プライバシーポリシーは、EU標準契約条項および/またはプライバシーシールドが改訂された場合、これに基づいて随時変更される場合があります。変更が必要となった場合には、すべて、本ポリシーの更新版において反映のうえ、交付します。

TransPerfectのプライバシーに関する実務は、自己認証に基づき実施されており現行の法律・規制上の指針に従ってデータプライバシーに関するコンプライアンスを実現するための最適な方法についての最新の指針を反映しています。

クッキーおよびウェブサイト上のプライバシー慣行

TransPerfectのウェブサイトは、クッキー、トラッキングピクセル、および関連テクノロジーを使用しています。クッキーは小さなデータファイルで、弊社のプラットフォームが送信し、あなたのデバイスに保存されます。弊社のサイトは、弊社または第三者が保存したクッキーを、ウェブサイトの運用やカスタマイズなどさまざまな目的で使用します。また、クッキーは、あなたがサイトをどのように利用したかを追跡し、他のウェブサイトでターゲット広告を表示するために使用される場合があります。

クライアントがTransPerfectのウェブサイトにアクセスする際、TransPerfectは、その個人データ、名前、Eメールアドレスをトラッキングしません。TransPerfectがトラックするのは、サイトのアクセスに利用されたインターネットサービスプロバイダー、およびサイトの訪問者数、受信したリクエスト、リクエストが送信された国を示す統計のみです。この情報は、クライアントへのサービス向上に向けて弊社のサイトを改善するために使用されますが、個人データには該当しません。

オプトアウト

TransPerfectのクッキープロバイダーは、ネットワーク広告イニシアティブ(NAI)に加盟しており、NAI行動規範を順守します。あなたは、NAIオプトアウトツールをこちらから利用し、弊社およびその他のNAIが認めた加盟会社のターゲット広告の表示をオプトアウトすることができます。

さらに、弊社からの連絡の受信のオプトアウトを希望する場合には、TransPerfectのオプトアウトポータルにアクセスしてください。オプトアウトすると、あなたは以後、ビジネス機会またはサービスについての連絡を受け取ること、そしてTransPerfectのテクノロジースイート内のアプリケーションにアクセスすることができなくなります。

あなたの権利と個人データ

あなたがEUの市民または居住者である場合、GDPRに基づくその権利には、以下のものが含まれます(適用除外対象となる場合を除く)。

  • TransPerfectがあなたに関して保有する個人データの写しを求める権利
  • 不正確または最新の内容でなくなったと認められる場合、TransPerfectに個人データを修正するよう求める権利
  • TransPerfectが当該データを維持する必要がなくなった場合に、あなたがその個人データの消去を求める権利
  • あなたがその処理に対する同意をいずれかの時点で撤回する権利
  • TransPerfectがあなたの個人データをデータ主体であるあなたに提供すること、および可能であれば当該データを別のデータ管理者に直接送信することを求める権利
  • あなたの個人データの正確性または処理に関して紛争が生じている場合に、さらなる処理に制限を課すことを求める権利
  • GDPRに定めるとおり、政府機関またはデータ保護機関に対し苦情を申し立てる権利

データを是正、消去、移動し、これにアクセスし、および/またはその処理を制限する権利を行使するには、privacyrequests@transperfect.comに電子メールでご連絡ください。

通知 – TransPerfectは、クライアント、ベンダー、および従業員(以下、総称して「CVE」)が弊社に送付したすべての資料を、CVEと交わしている現行の機密保持に関する誓約に従い、機密として取り扱います。弊社の、すべてのCVEとのあらゆる契約には機密保持義務の規定を含み、TransPerfectと関係を締結するか、または業務を行う前に、各法主体がそれぞれ機密保持契約に署名することが必要です。

(世界各地の)TransPerfectに送信されたEメールはすべて、米国に所在する第三者のSPAMフィルター(AppRiver)を経由してルーティングされます。これはつまり、米国から発信されたすべてのEメールによる通信は、宛先が米国外であったとしてもなお、米国を経由してから宛先に到達することを意味します。

TransPerfectは、翻訳プロセスを支える4,000を超えるフリーランスベンダーのネットワークを利用しています。こうしたベンダーは、業務の一環として、担当するクライアントの名前を受領する場合がありますが、そのクライアントに関する個人データを受領することはありません。ただし、業務の実施のために連絡先情報が必要な場合(オンサイトの通訳プロジェクト、オンサイトの文書レビューの場合など)を除きます。さらに、こうしたフリーランスベンダーは、翻訳のために送付された原稿文書や参照用資料に記載の個人データを閲覧することが可能な場合があります。しかし、いずれの場合も、フリーランスベンダーは機密保持に関する誓約に従うこととされており、これに基づきフリーランスベンダーはかかる情報の機密を保持し、そのプロジェクトにおいてのみかかる情報を使用することを誓約しています。

EUの市民または居住者の個人データを処理するすべてのベンダーは、EUデータ保護契約およびEU標準契約条項に署名することも義務付けられています。本書は、個人データに関する通知、選択、転送、アクセス、セキュリティ、データの完全性、執行に共通の要件を扱っています。EUのベンダーには、TransPerfectとの業務関係を終了させ、自らに関わる個人データの消去を要請する権利があります。ただし、適用法で認められるとおり、TransPerfectは、過去に遡って内容を確認したり、後に生じる場合のある法律・規制上の審問のために維持したりすることのできるよう、過去の業務記録を引き続き保持します。こうした実務手続きは、両当事者にとって最善の利益になるため、特定の事項に関する個人識別情報はアクセス可能な状態ではありますが、TransPerfectが意図せず今後のプロジェクトに関してベンダーに連絡を取ってしまうことのないよう、適切に分離して保存されます。

選択 – TransPerfectのクライアントは、いずれの個人データがアクセス、利用、保持されるかについて、選択することができます。クライアントと取引を行ううえで、連絡先情報および特定の請求情報を維持することは必要です。しかし、保存される情報の範囲は、いつでもTransPerfectのクライアントサービス担当者と協議することができます。また、言語サービスプロジェクトの処理のために提供された情報(原稿、参照用資料など)に記載の個人データに関して具体的な懸念事項がある場合、TransPerfectに送付する前に、この情報を編集するか、その他の代替的なソリューションをTransPerfectのクライアントサービス担当者と協議することをお勧めします。さらに、強制的に情報を匿名化するか、翻訳対象を個人の識別を不能にしたデータのみに限定するなど、その他の措置を取ることもできます。

クライアントのニーズによりよく応え、サービスに関する追加情報を届けるため、TransPerfectは、随時、提供するその他のサービスの情報を送信する場合があります。万一、クライアントが、この情報を不要と判断した場合、このクライアントは、クライアントサービス担当者に通知するか、TransPerfectプライバシーオフィサーに連絡することにより、この情報の受領をオプトアウトすることができます。
TransPerfectの従業員は、他の従業員、関連会社、および(クライアントなどの)第三者にどの情報を共有してよいかを選択することができます。この情報は、この従業員の書面による同意に従ってのみ提供され、その他の目的で使用されることはありません。

アクセスおよび訂正 – 個々のCVEは、その個人に関わる個人データの内容の確認を受け取ることに加えて、適用法に従い、TransPerfectが収集した個人データの複製をTransPerfectのプライバシーオフィサーに求めることができます。情報が不正確であった場合、その後、このCVEは、適用法に基づき情報を訂正、編集、消去する権利を有します。

クライアントは、クライアントサービス担当者かTransPerfectプライバシーオフィサーに連絡することにより、これを行うことができます。
法律により要請された場合、または登録機関もしくは規制機関による監査中を除き、TransPerfectは、このデータをCVEの同意なく第三者に提供しません。

ベンダーは、専用EメールアドレスEDPA@transperfect.comにかかる問い合わせを直接送付して連絡することにより、これを行うことができます。

従業員は、TransPerfectの人事部門かプライバシーオフィサーに連絡することにより、これを行うことができます。

データの完全性 – TransPerfectは、保管されている全てのデータが正確で、最新で、CVEが想定した利用方法に関連性を有していることを徹底するよう、全力を尽くしています。また、データが正確で、完全で、最新であることを徹底するために必要なすべての手順を実施します。このプロセスは、CVEと交わされる通常のEメールおよび書状を用いて行います。しかし、CVEは、TransPerfectに提供した情報を継続的にモニターし、個人データの閲覧の要請や、必要に応じたTransPerfectへの情報訂正の必要があることの通知を積極的に行うことが強く推奨されます。

データセキュリティ – TransPerfectは、すべてのデジタル記録・紙ベースの記録が保護されるよう、厳格な物理的・論理的セキュリティ手続きを策定しています。(このポリシーは、TransPerfectプライバシーオフィサーへの書面による要請を受けてクライアントへ配布することができます。)この記録を閲覧できるのは、承認されたスタッフのみです。重要システム(サーバーなど)はすべて、少数の権限を与えられたスタッフのみがアクセスできます。TransPerfectの情報セキュリティは、社内で管理されており、TransPerfectの手続きと推奨される業界標準への準拠を徹底するため、定期的に監査を受けています。

プライバシーに関する苦情の第三者窓口および連絡先情報

TransPerfectはプライバシーシールド原則に従い、個人情報の収集または使用に関する苦情を解決することを確約いたします。該当する一切の権利の行使、問い合わせまたは苦情については、以下にご連絡ください。

Shigeru Watanabe
データプライバシーオフィサー
TransPerfect
+1 646.589.6779
privacy@transperfect.com
 

苦情は、(こちらをクリックして)オンラインフォームから送信することもできます。

TransPerfectは、すべての苦情を速やかに解決することを確約いたします。万一、苦情の受領について弊社から速やかに確認の連絡がなかった場合(受領後45日以内に確認されます)、弊社の対応に満足されない場合、または弊社に連絡をしても苦情が解決しない場合、EUにお住まいの方は、プライバシーシールドに関する未解決の苦情を、米国国際ビジネス協議会(United States Council for International Business:USCIB)に付託するようTransPerfectに要求するか、ご自身で付託することができます。USCIBは国際商業会議所、OECD経済産業諮問委員会、国際使用者連盟の米国における関連団体であり、EUデータ保護機関に代わり信頼できる第三者機関としての役割を担うことに同意しています。USCIBに苦情を申し立てる方法に関する情報は、uscib.orgでご覧いただけます。EUにお住まいの方は、最後の手段として、拘束力のある仲裁による救済を求めることができます。スイスにお住まいの方は、スイス・米国間のプライバシーシールドの枠組みに従って裁判外紛争処理機関(ADR)としての役割を果たす、スイス連邦データ保護情報委員会(Federal Data Protection and Information Commissioner:FDPIC)に、プライバシーシールドに関する未解決の苦情を付託するようTransPerfectに要求するか、ご自身で付託することができます。このプロセスにおける送達は、あなたに費用を負担いただくことなく行われます。

執行 

TransPerfectは、TransPerfectの年次レビューおよび社内コンプライアンス施策に関連して、年に一度以上、プライバシーポリシーの順守状況を検証することを誓約します。TransPerfectは、本プライバシーポリシーが継続して順守され、またプライバシーポリシーが正確で包括的であり、引き続き適用法に準拠していることを確実とするよう、最善の商業的努力を払います。CVEは、何らかの問題や懸念があれば、TransPerfectのプライバシーオフィサーに直接提起し、話し合うことが推奨されます。プライバシーオフィサーは、こうしたデータの利用に関する苦情やプライバシーポリシーの不順守に対処し、解決します。すべての問題は、ISO 9001認証取得済みの弊社の品質管理システムの枠組みに基づき、正式に文書に記録されます。

TransPerfectは、EUのデータ保護機関(DPA)およびFDPICと協力し、雇用関係の用途でEUおよび/またはスイスから転送される人事データに関して、かかる機関の助言に従うことを確約します。

TransPerfectは、ポリシーとトレーニングを通じて、以下に関する情報を提供します。

  • TransPerfectが連邦取引委員会(Federal Trade Commission:FTC)の調査および法執行権限に服すること
  • 一定の条件下で、個人が拘束力のある仲裁を提起する可能性があること
  • 国家の安全保障や法執行の要件を順守するための、公的機関の合法的な要請に基づいた貴社への個人情報の開示要求事項
  • 第三者に転送する場合のTransPerfectの責任

弊社のプライバシーポリシーに関連する、社内プロセスで解決できない苦情については、弊社は、プライバシーシールドの枠組みにおいて定められた紛争解決手続きに従うことに同意します。

 

発効日:2018年6月

 

 

 
閉じるボタン

グループ企業


 
閉じるボタン

言語を選択


北中南米 ヨーロッパ アフリカ・中東 アジア太平洋